災害に備えよう


訓練をしよう

はじめに

近年、台風や集中豪雨等により全国各地で毎年約1,000件の土砂災害が発生し、多くの人命が失われています。土砂災
害は突発的に大きな破壊力を持って発生するため、人命に関わる災害です。土砂災害から身を守るために普段から、いざ
というときの避難行動について話し合いましょう。本避難訓練ムービーは警戒避難の体制づくりに役立てる
ために、市町村の防災担当者をはじめ、自主防災組織、住民の方々など幅広く活用してください。

大阪管区気象台からは大雨注意報や大雨警報、大阪府と大阪管区気象台は共同で土砂災害警戒情報を発表し、市町村は
それに伴って避難勧告や避難指示を発令します。これらの行政からの情報の提供には最新の技術を用いておりますが、土
砂災害は発生場所や発生時刻を性格に予測することが難しい災害のため、100%完璧な情報の提供には無理があるのが
現状です。

そこで、行政からの情報を上手に活用し、いつどこで逃げるのが適切か、あるいは、場合によっては自宅の中で上階へ避
難する方が適切かなど、臨機応変に「自らが判断して、自分自身や大事な人の身を守る」ことを目指すために、本「避難
訓練ムービー」を用いて訓練してください。

用意するもの

  • インターネットに接続することができるパソコン(WindowsMediaPlayerがインストールされていること)
  • 市町村から配布されているハザードマップ(地域版ハザードマップがのぞましい)
  • マニュアルおよびマニュアル別添の訓練シナリオ
  • 所持している防災グッズ
  • 筆記用具、用紙

本訓練サポートページの使い方は、以下のページをご覧下さい。

訓練を開始する

以下の『訓練を開始する』ボタンを押して、訓練を開始して下さい。

訓練を開始する

読み込み中